1. 無料アクセス解析
アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末の週末営業


このところ、人妻関係や
泥酔告白事件でお騒がせのプチホスです。

って誰も気にしてないか…
そんなわけで今回は普通の黒服日記です。




先週の週末。
それはそれは恐ろしい状況となりました。




まず、金曜日。




私が出勤してみるとみんなが慌てて準備をしている。

なんとマンツーで30名仕様のキャバクラに
35名の団体が来るというのだ。

それも既に何人か店の前まで来て
待っている状態なものだから大変だ。


そして、ほどなくお店の前には
15名ほどが列をなしていた。

席の準備何とか出来たが
キャスト(女の子)が全然揃っていない。

しかし、そのままお客さんを
待たせるわけにはいかないし
とりあえず入店してもらった。


それからが我々ウェイターにとっては地獄絵図。


誰がどこで呼んでいるかわからないし、
お客さんは常に席を移動するので
女の子もどこに座って良いか解らない状態。

もうこうなると色んなことを省略するしかない。

とりあえず必要と思われる物を
ある程度の席に次々と置き、
後はお客さんとキャストに任せるしかない。


そうして、35名の団体が帰ったと思ったら、
「あれ!Tさん来てないの?」と一言つぶやく。

そう、突然休む癖のあるTさんが来てなかったのだ。

どおりで大変なわけだ。




そして、翌土曜日。




前日の疲れからちょっと昼寝したつもりが
ガッチリ寝てしまい寝坊した私。

30分遅れでお店に行ってみると、
今度は12名の団体が既に飲んでいた。


そして、その日はTさんだけではなく
Rさんまで来ていないらしい。

時々休む二人がこんな時に限って居ないなんて…


オーマイガー!


年度末の土曜日なのに
ベストメンバーから二人も足りないなんて。

予想通りその日は半端なく忙しく、
我々の仕事もグタグタだった。

普段冷静な私もミスを連発して何度も注意された。

と言っても注意している先輩もミスをして
店長から何度も注意されていたが。



そんな週末を過ごした私は
さすがに疲れて日曜日はひたすら寝るしかなかった。


スポンサーサイト

テーマ : お水な夜仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

告白したかも


昨日はよく行く飲み屋さんに行きました。

いわゆるスナックというやつで
年配のママさんがいてその他に20代~30代の
女の子が日替わりでいるというお店です。

そして昨日もいつものように飲み
カラオケを歌い結構酔っていたようでした。



昨日いたのは30代前半のM子ちゃん。
かなり昔からこのお店に出入りしてバイトしていた子。

可愛いタイプで30代には見えないが
話してみるとやっぱり30代で話も合う。。

そんなM子のちゃんと
お互いの恋愛事情を話していたつもりだったが…



気が付くと朝。



タクシーに乗ったのは憶えているが
その後の記憶はなく、ちゃんといつものように
コンビニで弁当とシュークリームを買って食べていた。

弁当はきれいに食べて
服も着替えて布団に入っていたが
家に帰った時の記憶は全くない。



しかし…



なんか大変な発言をした
その記憶だけが妙に浮かんできた。

たぶん…
私はM子ちゃんに「結婚して」と言った…と思う。

記憶は点々としているが
何故かそのようなことを言ったと「思う」
記憶だけがよみがえって来た。


私の記憶が確かなら、
お互いの恋愛事情を話し
何故かそのままプロポーズをした。

そして彼女はバイトの終わる時間だったので
先に帰る時に「ちゃんと考えておいてね」
と言った記憶はある。



何故、記憶がないのに
そんなことだけ憶えているか?

実は以前に前歴があるんです。
酔って告白した前歴が。


その時は会社の部下で
会社の飲み会の席で「付き合って」
と言ってそのまま付き合った。

もちろんその時は好きになってから
告白するチャンスをうかがっていた訳だが、
最初に告白したのは酔った勢いだった。




あーーーやってしまった。

今度お店に行くのが気まずい。



テーマ : 告白 - ジャンル : 恋愛

不思議なケンカ


先週の土曜日、私はいつものように
バイトが終わると車で家に向かった。

ある交差点で私が一時停止していると
左折しようとしていたタクシーの内側で
男性の乗った自転車が転んでいた。



私は「危ない!」と思い、
その一部始終をみていた。



明らかに自転車に乗ったおじさんが
勝手に転んだだけでタクシーは動けなくなり
いい迷惑そうだった。

おじさんは何度も立ち上がろうとするが、
恐らく酔っているようでなかなか立ち上がれない。

するとそのおじさんは倒れた自転車を
そのままにして何故か私の車の方に向かってきた。


おじさんは私の車の窓を叩き

「おい、何見てんだ!」

と私に突っかかってきたのである。


こんなおじさんに構ってられないと思いつつも
おじさんは運転席だけではなく、
フロントガラスや屋根まで叩き出した。

さっきまで巻き込みそうになったタクシーは
そそくさと居なくなり、おじさんの怒りの
矛先は私となった。



そのおじさんが言うには、
私が一時停止する場所が悪いから
遠回りをして歩道の段差につまづいて転んだ。

ということを言いたかったらしい。

しかし、自転車おじさんは
明らかに酔っている様子で酒臭い。



私は一滴もお酒を飲んでないし、
特に交通違反をしているとも思えない。

私は「面倒だなぁ」と思う反面、
何故か「少しかまってストレス発散にするか」
とややリスキーなことも考え始めた。


私はおじさんの言うことを一通り聞いた後、

「あんた酒飲んでるだろぉ!」

とキッパリ言うとおじさんは一瞬ひるんだ。
私は更に

「酒飲んで自転車に乗ったら罰金50万なんだぞ!」

と言うと今度はおじさんも反撃してきた。



さっきから繰り返し言っている
私の停止位置のことをネチネチ言い出す。

私も負けじと一時停止後に
視界のいい場所まで出た事を言った。



そんな押し問答を繰り返すうちに
おじさんは疲れてきたのか、

「俺もちょっと八つ当たりしてるかもしれない」

「あんたがちょっと誤れば…」

と少し冷静になってきた。



しかし、今度は私の方が納まらなくなってきた。

「あんた飲酒運転なんだから警察呼ぶぞ!」

「こんなすべる道路で
 酒飲んで自転車に乗るなんて自殺行為だぞ!」

私の気持ちは頂点に達しそうだった。




私の怒りが止まらない状況を察してか
さすがのおじさんも収束を図ろうとしてきた。


「俺も悪かったけど、あんたも悪かったと言ってくれ」

「別に警察を呼ぼうとか考えてないし」

「お互い様ということにしよう」


夜中の交差点で30分以上も言い争いをしていては
お互いに体は寒いし正直眠くなってきたようだ。


最後はおじさんの方から

「こんなとこで会ったのも何かの縁だ」

「今日のことは無かったことにしよう」

と言い出してきた。



私は少し納得いかないながらも

「私も仕事帰りで疲れてたんで」

と言うと、おじさんは握手を求めてきた。



私もしょうがないので握手をして

「寒いからもう帰りましょう」

と言い最終的に和解をして帰ったのであった。

テーマ : 今日の独り言 - ジャンル : 独身・フリー

ホワイトデーはどうすべきか


先月の14日はバレンタインデーという事で
何個かの「義理」チョコをいただきました。


当店のキャバクラ嬢の在籍は35人前後。


当日の出勤は20人くらいでしたが、
結果から言うと3人からもらいました。

別に義理だから誰からもらったとか
誰からはもらえなかったからどうとかは
気にしていないのですが、問題はお返しです。



あくまで義理でみんなに配っていたんだから
本人も誰に渡したのかさえ忘れているかもしれません。

とはいえ、わざわざ従業員の
チョコを買うのは大変だったことでしょう。

だから少なくとももらった人には
お返しはしようと思います。



ただ、問題はその他のお嬢たち。


いくら義理とはいえその3人にだけ
渡すのはちょっと気がひけます。

だからと言って、みんなに同じものを
「配る」のも貰った人に失礼ですよね。


うーーん、どうしたらいいものか…


テーマ : ホワイトデー - ジャンル : 恋愛

プロフィール

プチホス

Author:プチホス
昼の仕事をしながら様々なバイトをしてきましたが、さすがにもう結婚はないかなぁ…

にほんブログ村ライフスタイルブログおひとりさまへ

カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
気になりますか
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
婚活
33位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
最近の記事
気になる?
コメントあざ~す
気になるブログ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。