1. 無料アクセス解析
アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻と…その4


遂に我が家の近所まで乗り込んできた人妻。

いきなり来てしまったので
何も考えてなかった私にとって一番困る展開。

彼女はすでにホロ酔い気分のようなので
まずは居酒屋にでも入るしかないと思い近くの居酒屋へ。

お店に入った彼女の第一声は、


「ホント、プチホスさんってSだよね!」


私は思わぬ言葉に「えっ?」と声に出したが、
彼女にとって私は、放置プレイの達人に見えたらしい。

ただ単に昼と夜の仕事が忙しい上、
家族のいる彼女に気を遣っていただけなのだが、
どうやら全くそんなことは関係ないようだった。



まずは前に飲んだ時の話で始まる
当たり障りのない会話を展開していた。

あえてお互いの家庭や仕事のことは、
「約束」とばかりにお互い肝心なことは言わない。


彼女の旦那や子供のことは
この前、横で誰かに話しているのが聞こえた程度。

旦那とは仲が悪いというか好き勝手やっている状態で
子供も父親のことは「キライ」とハッキリ言うらしい。

だからと言って人妻が朝方まで飲み歩いて良いわけがない。
古い考えの私はその辺がどうしても納得がいかない。


とはいえ、
私の生活のことは聞かれないし言うつもりもなかったので
会話の中心は私の恋愛スタイルを勝手に妄想して
彼女が喋っているだけ…だったような気がする。

どうやら、彼女は私を放置プレイの達人で
常に上から目線で恋愛をしてきた人間と思い込みたいようだ。

身勝手な言い方をすると、
彼女こそ相当な真性Mじゃないのか?
という言葉がのど元まで出掛かっていた。



そんな時間もあっという間に過ぎ、
そろそろ出ようか、ということになった。

彼女も私もそのあとどうしようという話もなく、
電車の駅までスムーズに歩くだけだった。



彼女は改札を通過し私は見送った…はずだった。



終電が来ている最中、彼女は私に電話してきて

「これに乗っていいの?」

としおらしい声で言ってきた。



しかし、私は終始無言のまま何も言えなかった。

「意気地がない」

と言われそうだが、
今の私には泥沼に入る勇気もはまる勇気もなかった。



そんな私の気持ちを無視するかのように
彼女は一度通った改札を戻ってきた。

「最終電車、行っちゃったよ!」

私は「参ったなぁ」という表情を隠すことしか出来ず、
複雑な表情だったに違いない。


そんな私の表情を察してか、
彼女は「タクシーで帰るしかないね」と言った。

そして私達はタクシーを捕まえるべく
少しの間、話しながら一緒に歩いた。


しかし、タイミングの悪いことにタクシーはなかなか来ない。


そんな状況が二人のボルテージを高めたのか、
お互いに顔を近づけ、頬や鼻を近づけ別れを惜しんだ。

そして遂には我慢出来ず、
二人は口づけを交わした。

彼女の唇はとても柔らかく熱くなっていた。

二人は当たり前のように舌を絡ませ、
私は彼女をギュッと抱き寄せた。


私にとって数年ぶりの熱い熱いキスだった。


しかも私の家がすぐ近くだったので、
「ちょっと家で休もう」と言えば最後までいきそうだった。


そんな時空車のタクシーが私達の視界に入ったが、
ここでも私は安全パイを取った。

タクシーに乗る彼女を黙って見送るだけだった。


スポンサーサイト

テーマ : 不倫 婚外恋愛 - ジャンル : 恋愛

comments

コメントありがとうございます

>ロジャーさん
なかなか鋭いコメントですね。
彼女の中にも何かを発散させたい部分もあるんだと思います。

>はづきさん
「大人の恋愛」ですか。
私もそんな歳になったんですね(笑)

>スリムなドラえもんさん
えっ?Sっぽいですかね。
まぁSっていうよりただ自分が可愛いだけなんですがね。

>ブミブミさん
おっしゃるとおり。
私も家庭を壊すようなことには反対です。
ってそういう行動になってませんがね。

>Kazさん
この勢いでヅカヅカと来て、
飽きたらこっちが放置されるんでしょうね。

>しぶきまいこさん
そうですね。泥沼は面倒なんで…

No title

こんにちは。
人妻さんのお子さんが父親を嫌っているのなら、
お子さんはそこまで嫌がらないんじゃないかな、と思いました。
実は私もずっと父親が嫌いで、
「なぜ母親はそんな父親と離婚しないんだろう」
って今でも思いますから。

しかし、すごい勢いのある人妻さんですね。
家庭があっても、そこまで恋愛に必死になるには
現実の何かから逃げたいって感情もあるんじゃないかな、
とも思いました。
すみません、勝手に私がそう思っただけです。

No title

やっぱり・・・・ソウなったか・・・
オトナの恋愛はいまだによぉわかりませんなぁ~(??ゞ

プチホスさんってSのニオイしますよww(え?

自分が同じ立場でしたら、多分流れのままに行ってしまいそうですww
果たして、この人妻さんは今後の動きが......
ちょと怖いっす。

No title

プチホスさん、モテモテ計画は成功のようですね。
罪なお方(〃艸〃)
でも~個人的にはそんなママは嫌だなぁ。
子供が可愛そう。子供は常に犠牲になり易いモノね~

No title

なるほどキスまでしておきながら結局帰してしまいましたか。
これでより一層人妻さんはプチホスさんのことを「どS放置プレイの達人」と確信したでしょうね~w
しかしかなり強引な人妻さんですね♪

なんだか

私の過去の所業をそのまま責められてるようで汗
身につまされるものがありました。
すごく両方の気持ちがわかります。
どんな状態でも、「恋」ってできるし、したくなるし
それに、どんな状況であっても「熱いキス」には
酔いしれますよー。
泥沼化しないことだけお祈りしてます。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プチホス

Author:プチホス
昼の仕事をしながら様々なバイトをしてきましたが、さすがにもう結婚はないかなぁ…

にほんブログ村ライフスタイルブログおひとりさまへ

カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
気になりますか
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
婚活
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSフィード
最近の記事
気になる?
コメントあざ~す
気になるブログ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。